秋植えジャガイモ 魅力

ジャガイモ栽培.com

秋植えジャガイモの魅力

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

秋植えジャガイモ畑、秋ジャガは甘みや旨みが増し、貯蔵もしやすいです

 

 

秋植えのジャガイモは、春植えジャガイモと比べると、
少し難易度が高いイメージがあります。

 

また、栽培できる地域が限られていることも手伝って、
特別な印象がない方もいるでしょう。

 

けれど、秋植えジャガイモには、さまざまな魅力があります。

 

 

[秋植えジャガイモの魅力]

 

 

■秋植えジャガイモの魅力は?

 

秋植えジャガイモは、関東以西の暖かい地域でしか、栽培ができないといわれています。
これは、ジャガイモは寒くなると地上部が枯れ、生長が止まるためです。

 

寒い地域では冬が早く訪れ、気温の低下も早いため、
秋植えジャガイモの生育には適していないのです。

 

栽培できる地域が限られているのは、とても残念なことですが、
秋植えジャガイモを育てられる地域であれば、ぜひチャレンジしてください。

 

・年2回の栽培
ジャガイモ栽培といえば、春植えが基本です。
けれど、関東以西の地域であれば、春植えと秋植えの年2回の栽培が可能です。

 

栽培するエリアの問題で、春植えのジャガイモができないという方も、
秋にスペースの余裕があるならば、秋植えジャガイモを育てることができます。

 

また、葉物野菜が多い秋冬野菜の中で、
1株でゴロゴロとたくさんのイモが収穫できる
秋植えジャガイモは、とても貴重な存在です。

 

葉物野菜にはない、収穫の楽しみが晩秋にも味わうことができます。

 

 

ジャガイモは、収穫が楽しみ!

 

 

・貯蔵しやすい
秋植えジャガイモは、収穫が11月~12月となるため、収穫後の貯蔵がしやすいです。
春植えジャガイモでは、収穫後に湿度と気温が高くなり、傷みやすいです。

 

ところが秋植えジャガイモの場合は、気温が下がってくる時期に収穫するので、
高温多湿による傷みが少ないのです。

 

もちろん、あまりに寒い場所では、イモが凍って傷むので、
凍らない程度の場所に置いておく必要があります。

 

低温で貯蔵することで、イモの中のデンプンが糖に変わり、
よりおいしいジャガイモに変身するのも、秋植えジャガイモならではの魅力です。

 

・多収穫品種が多い
秋植えジャガイモで育てることができる品種は、休眠が短いものです。
休眠が長いと、晩夏になっても芽が出ず、栽培ができません。

 

休眠期間が短いという条件の分、秋植えジャガイモで栽培できる品種は減りますが、
秋植えジャガイモに適している品種は、収量が多いのが特徴です。

 

秋植えジャガイモとして人気がある品種には、

デジマニシユタカ農林1号普賢丸アンデス赤

アイユタカ西海31号があります。

 

いずれも1株につくイモの数が多かったり、イモが大きくなりやすい品種で、
1株で収穫できるイモの重量が多くなりやすいので、自然と収量も多くなります。

 

 

デジマの袋栽培で、このくらいの収穫量です

 

 

・収穫のタイミングが分かりやすい
秋植えジャガイモは、地上部の茎葉が枯れてから収穫するので、
いつ収穫すれば良いのか、迷うことが少ないです。

 

春植えジャガイモでは、葉が黄変してきた頃が収穫の目安となりますが、
ジャガイモ栽培に慣れない方は、どの程度黄色くなってからなのか判断に迷います。

 

その点、秋植えジャガイモの場合は、気温が下がり地上部の茎葉が完全に黄色くなり、
完全に枯れたら収穫のサインです。

地上部が枯れてしまえば、地下のイモの生長も止まるので、
そのタイミングで収穫すれば、間違いありません。

*秋ジャガイモの詳しい栽培方法はこちらです。

>>ジャガイモ 秋植え

 

■参考
・ジャガイモ 地植えの栽培
・ジャガイモ プランターの栽培
・ジャガイモ 芽かき方法
・ジャガイモ 土寄せ方法
・ジャガイモ タネイモ販売
・ジャガイモ タネイモの選び方


スポンサードリンク

 

タグ : 

ジャガイモ栽培Q&A

この記事に関連する記事一覧