ジャガイモ栽培 1月

ジャガイモ栽培.com

ジャガイモ栽培 1月

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

ジャガイモの露地貯蔵

 

 

ジャガイモの栽培期間は、おもに春と秋です。

 

珍しい作型として冬植え栽培もありますが、
基本的には春と秋のみの栽培となります。

 

寒地の場合はさらに限定され、春ジャガイモの栽培のみとなります。

 

秋ジャガイモの栽培も、すでに12月に収穫を終えているはずなので、
1月は畑に何も植わっていないことがほとんどです。

 

それでも、1月にジャガイモ栽培のためにできることはあります。

 

 

[ジャガイモ栽培 1月]

 

 

■1月のジャガイモ

 

秋ジャガイモの収穫は、12月のうちに終わっているはずなので、
畑には何もない状態でしょう。

 

冬植え栽培を実践している場合は、まだ栽培中のはずですが、
収穫にはもう少し時間がかかりそうです。

 

春ジャガイモの栽培までには少し時間がありますが、
それまでにできることはあります。

 

収穫した秋ジャガイモは貯蔵中のはずですが、
ちょっとしたことで傷みや病気が発生することがあるので、注意が必要です。

 

 

■1月の作業

 

・ジャガイモの保存
秋ジャガイモは、冬に収穫して春まで貯蔵できます。
ジャガイモは貯蔵できる期間が長いため、たくさん収穫できた時も安心です。

 

けれど、貯蔵環境が悪いと、どうしても傷みや病気が出やすくなります。

 

秋ジャガイモの場合、冬から春の寒い時期に貯蔵するため、
その点に注意して貯蔵します。

 

ジャガイモは、気温が低いと生育も難しいですが、イモの貯蔵にも不向きです。
イモが凍るほどの低温では、イモが急速に傷みます。

 

貯蔵する時は、霜が降りない場所を選びます。
室内でも、気温が下がって氷点下になるような場所は、避けましょう。

 

イモの量が多く、室内での貯蔵が難しい場合は、
戸外で土に埋めて貯蔵することも可能です。

 

土が断熱材の役割をしてくれるので、外気の影響を受けず、凍らずに済みます。

 

他にも、箱などに入れた時に何重にも重ねない、
暗い場所に置く、異常が出たものは健全なものと分けるなど、
ジャガイモを長持ちさせるためのコツがあります。

 

秋ジャガイモの貯蔵のコツについては、こちらにまとめてあります。

>>秋ジャガイモの保存

 

 

寒おこしをして用土を入れ替え消毒します

 

 

・土作り
12月に秋ジャガイモの収穫が終わり、ほっとしたのもつかの間、
今度は春ジャガイモの栽培に向けての準備が始まります。

 

春ジャガイモの植え付けは、早ければ2月下旬頃から始まります。

 

基本的な土作りであれば、2月に入ってからも間に合いますが、
土の状態をさらに良くするなら、1月から始めるのがお勧めです。

 

寒いことを利用し、寒おこしをして深くまで土を掘り起こせば、
寒さによる消毒も行えますし、地表と深層の入れ替えもできます。

 

また、米ぬかや堆肥などの有機質をこの時期から入れておけば、
ゆっくり分解されて、土の中の微生物が活性化できます。

 

土の状態が良くなれば、ジャガイモの生育にも良い影響が出ます。

 

ジャガイモは土の中に新しいイモが育つので、土の状態によって、
収量アップも夢ではありません。

 

ジャガイモの土作りに関しては、こちらに書いています。
春ジャガイモの栽培まで時間があるうちに、ぜひチェックしてください。

>>ジャガイモの土作り

 

■参考
・ジャガイモ 地植えの栽培
・ジャガイモ プランターの栽培
・ジャガイモ 芽かき方法
・ジャガイモ 土寄せ方法
・ジャガイモ タネイモ販売
・ジャガイモ タネイモの選び方


スポンサードリンク

 

タグ : 

ジャガイモ栽培 育て方

この記事に関連する記事一覧