ジャガイモ 栽培

ジャガイモ栽培.com

デストロイヤーの開花♪

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

■デストロイヤーの開花♪

 

気温の上昇とともに、ぐんぐんと茎を伸ばして生長していたジャガイモでしたが、
4月下旬に花芽がついているのを発見しました。

 

その後、花芽は落ちることもなく順調に膨らみ、ついに花が咲きました!

 

 


茎の先に複数の花が咲いています

 

 

写真は5月15日のもので、全体的に満開を少し過ぎたくらいです。
株によって生長に差があるのか、一斉に開花というよりかは、
少しずつ長く咲いているという印象です。

 

 


近くで写すとこんな感じです

 

 

日当たりの良い場所で遠目から見ると、花色がやや薄く見えますが、
近くに寄って写真を撮ると、こんな感じでキレイな紫色をしています。

 

デストロイヤーの特性か、茎がよく伸びるので花の大きさが分かりにくいですが、
思っていたよりも花も大きく発色も良いので、観賞価値は十分にあります。

 

ジャガイモを実際に育ててみるまでは、
ジャガイモの花がどんなものか想像もできません。

 

こうして咲いてくれると、とても嬉しい気持ちになります。
もちろん、品種によっては花が咲きにくいジャガイモもあるので、
必ず見られるというわけではありません。

 

 

下葉は少し黄変しています

 

 

今年の春は涼しい日が多かったためか、それとも別の要因があるのか、
毎年のように被害にあうニジュウヤホシテントウ(テントウムシダマシ)を、
ほぼ見ることがありません。

 

今年、栽培している株数が特別少ないというわけでもなく、
自宅栽培なので、周りの環境が劇的に変わったということもありません。

 

毎年、ニジュウヤホシテントウには葉をぼろぼろにされていたので、
今年だけなぜ被害がないのか、とても不思議です。

 

下葉の方が黄変しているだけでなく、虫食いのような痕があるのは、
おそらくダンゴムシのしわざだと思います。

 

毎年、気温が上がってくるとダンゴムシも活動を始め、
地面に近い部分や弱って黄変した葉などを食べています。

 

ダンゴムシを害虫とするかどうかは難しいところですが、
個人的にはあまり深い被害もないので、毎年放置しています。

 

多すぎると健全な葉まで食べてしまいそうですが、
見ている限り高い位置の葉を食べている様子はなく、
寝込んだり落ちたりしている葉を集中的に食べているようです。

 

ジャガイモの土寄せや支柱による囲いがなく、倒伏してしまうと、
倒れた時に上部の葉が地面に近い位置にくるので、
健全な葉まで食べてしまうかもしれません。
そういった意味でも、倒伏はできるだけ防いだ方が良さそうです。

 

 

半分だけ花を切ります

 

 

デストロイヤーは、1つの花房の寿命も意外と長く、
何日経っても傷む様子がありません。

 

ただ、下葉が黄変しているので、もしかして最後の追い込みに入ったのでは?
と感じ、養分を地下のイモに集中させるため、花を切ることにしました。

 

すべて切ってしまうのはもったいないので、右半分の株だけ花を切り、
左半分は花を残したまま育ててみることにしました。

 

ジャガイモの栽培法も色々あり、花が咲いた場合に、
早めに切る方法、楽しんでから切る方法、そのまま放っておく方法があります。

 

せっかく花が咲いたので、今回はある程度楽しんで切る株と、
そのまま放っておく株とに分けて、栽培を続けます。

 

どのくらい収量に差が出るのか、興味深いです。

*栽培と記事は、幸さん担当です。

 

■参考
・ジャガイモ 地植えの栽培
・ジャガイモ プランターの栽培
・ジャガイモ 芽かき方法
・ジャガイモ 土寄せ方法
・ジャガイモ タネイモ販売
・ジャガイモ タネイモの選び方

 

タグ : 

ジャガイモ 栽培記録

デストロイヤー 植え付けました!

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク

デストロイヤー(グラウンドペチカ)を育てます

 

 

3月は春ジャガイモの植え付け時期です。
今年は何にしようか、何種類のジャガイモ植えようか悩んだ結果、
以前食べておいしかった、
デストロイヤー(グラウンドペチカ)を育てることにしました。


 

タグ : 

ジャガイモ 栽培記録

デストロイヤー(グラウンドペチカ)

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク

デストロイヤー(グラウンドペチカ)の種芋

 

 

デストロイヤー(Destroyer,グラウンドペチカ)は、
2000年に登録された新しいジャガイモ品種です。

 

見た目がとてもユニークなため、徐々に人気が高まってきています。

デストロイヤーの特徴や、栽培のポイント、オススメの料理法をご紹介します。


 

タグ : 

ジャガイモ 品種