じゃがいも マルチの敷き方

ジャガイモ栽培.com

じゃがいも マルチの敷き方

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク

マルチを敷くと生育に良い効果がみられます

 

 

ジャガイモを栽培する時、地植えで栽培するのであれば、
畝にマルチを敷くかどうか悩むことがあります。

 

そもそもマルチには、ワラなどの自然素材を使ったものと、
畝全体を覆うビニールがあります。

 

ジャガイモ栽培において、どちらの方が適しているか、
はたまたジャガイモ栽培にマルチは必要なのか、疑問に思うこともあるでしょう。

 

もし必要な場合は、どうやって敷いたら良いのかも気になるところです。
ジャガイモ栽培でのマルチについて、まとめました。

 

 

 

[じゃがいも マルチの敷き方]

 

 

■ジャガイモ栽培でのマルチ

 

まずはマルチの種類について知っておきましょう。
マルチというのは、植物の株元に敷いて覆う状態のものを指します。

 

自然素材であれば、ワラやもみ殻を使うことが多いでしょう。
畝全体を覆う、ビニールマルチもあります。

 

ビニールマルチの中にも種類があり、透明・白・シルバー・黒・両面などです。
育てる植物や目的によって、使うマルチの素材や色を変えて使用します。

 

マルチの基本的な役割は、乾燥防止と泥跳ねの予防です。
ビニールマルチの場合は、乾燥防止の他にも、色によって地温上昇や雑草の抑制、
害虫の忌避などが付け加えられます。

 

ジャガイモ栽培の場合は、どちらかというと地温の維持や雑草予防を目的としているため、
マルチを使うのであれば、ビニールマルチとなります。

 

もちろん、ビニールマルチなしでの栽培も可能です。

ワラなどのマルチを株元に敷くこともできますが、特に必要ない場合がほとんどです。
むしろマルチを置くことで、株元の風通しが悪くなることもあるので、注意が必要です。

 

地温を高める効果と、雑草を予防する効果を期待してマルチを利用するため、
マルチの色は黒か透明になります。

 

黒マルチは光を通さないので、雑草を予防することができます。
透明のマルチは、光の透過率が高いため、雑草を予防することはできませんが、
ビニールマルチの中では一番地温を上げる効果が高い色です。

 

どちらを選ぶかは人によって異なりますが、
黒マルチの方が、土寄せを必要としないのでお勧めではあります。

 

透明マルチの場合は、イモが大きくなってきた時に、
緑化を防止するために土寄せが必要となります。

 

 

■植え付け前か後か

 

ジャガイモ栽培でビニールマルチを使う場合、
タネイモを植え付けた後にマルチを敷くか、植え付ける前にマルチを敷くのかでも迷います。

 

基本的にはどちらでも構いません。
タネイモを植え付けてからマルチを敷いた方が、余分な水分を畝に入れないので、
過湿によるタネイモの傷みが減ります。

 

ただ、芽が地上に出てきた時には、
ビニールマルチを切って芽を出してあげる作業が必要となります。

 

芽が出ているに気付くのが遅れると、ビニールマルチの中で高温となり、
芽が傷んでしまうことがあるので要注意です。

 

植え付け前にビニールマルチを敷く場合は、
タネイモを植え付ける位置に穴をあけるため、
芽が出てきた時にビニールを切る必要はありません。

 

雨が降った場合、空いている穴から雨水が入り込みますが、
気になるほどの量ではないことがほとんどです。

 

 

 

■マルチの敷き方

 

ビニールマルチを初めて敷く時、どうやって敷いたら良いのか分からず、
適当にやってみたら失敗したという話をよく聞きます。

 

特に貸農園などの広いスペースで、畝の長さが長い場合は、
横にずれてしまうと、畝の販売側のマルチが足りず、土が見えてしまうこともあります。

 

すでに穴の空いているビニールマルチを使う場合、
穴の位置が畝からはずれてしまうと、植え付ける時に困ります。

 

まずは、マルチの敷き方の手順を覚えましょう。

 

1. 畝を立て、タネイモを植え付ける場合は植え付けて置きます。
2. ロールからマルチを少し出し、畝の外側に置き、
端に土をかぶせて動かないように固定します。
3. 畝の反対側までマルチのロールを転がします。
4. 最初に土をかぶせた側の端に戻り、片方の側面の端に土をかぶせていきます。
5. 片方の側面が終わったら、もう片方の側面の端にも土をかけていきます。
6. 最後に、マルチのロールから十分な長さを出したところでマルチを切り、
端に土をかぶせます。

 

初めての時は少し迷いますが、基本的な手順はこの通りです。
土をかぶせる時は、足で踏んで押さえながら土をかぶせると、
マルチが動かないのでお勧めです。

 

また、ビニールマルチを畝の上に広げる時、畝がとても長い場合は、
まっすぐに伸ばすのが難しいことがあります。
途中で上面に石などを乗せながら進むと、風で動くのを防げます。

 

また、マルチのローラーに細めの塩ビ管などを差し込み、
両端を紐などで結んだ中央を持ってローラーを転がすと、
比較的まっすぐにマルチを敷くことができます。

 

いきなり土をかぶせるのが不安な場合は、土をかぶせる前に、
マルチ押さえなどを使って四方と長い片のところどころを押さえておきます。

 

全体的にピンと張った状態になったら、
マルチが風でばたつかないよう、端を土で埋めます。

 

マルチ押さえは、土をかぶせた後に回収しても良いですし、
そのままの状態で栽培を続けても構いません。

 

■参考
・ジャガイモ 地植えの栽培
・ジャガイモ プランターの栽培
・ジャガイモ 芽かき方法
・ジャガイモ 土寄せ方法
・ジャガイモ タネイモ販売
・ジャガイモ タネイモの選び方


スポンサードリンク

 

タグ : 

ジャガイモ栽培Q&A

この記事に関連する記事一覧