アンデス赤

ジャガイモ栽培.com

アンデス赤

読了までの目安時間:約 4分
スポンサードリンク

アンデス赤

 

 

アンデス赤(アンデスレッド)は、

表面が赤色で果肉は黄色をしている鮮やかなジャガイモです。

 

ホクホクした食感と甘みに人気があります。
アンデス赤の特徴と育て方のコツをご案内します。

 

 

[アンデス赤]

 

 

■アンデス赤の特徴

 

・ルーツは南米アンデス
表面が赤いアンデス赤は、原産が南米アンデスの「ソラナム・フレハ」と、
表面が赤色の「アーリーローズ」を交配して育成された品種です。
ソラナム・フレハは色々なジャガイモの改良元とされています。

 

アンデス赤は栽培されている岡山県で知られている名前で、

元々はネオデリシャスという名前がついていました。
現在は各地方で栽培されて、レッドアンデスなど、似た名前で流通しています。

 

・中晩生品種で収量が多い
熟期は中晩生です。
たくさんとれる品種ですので、収量が多く、家庭菜園に向いています。

 

・果肉の黄色はβカロテンの色
果肉の色はカロテンの色です。
βカロテンが多く含まれています。

 

たまに、果肉の黄色に赤いスジが入るものがありますが、
アントシアニンの色なので問題なく食べられます。
この色は、加熱すると淡いピンクになります。

 

・食感はホクホク系
茹でるとホクホクとしていて甘く、食味が良いです。
煮崩れしやすいので、イモの形を崩す料理に向いています。

 

 

元々はネオデリシャス

 

 

■アンデス赤の栽培のポイント

 

・追肥はしっかりと行う
中晩生品種なので、早生品種に比べて栽培期間が長いです。
早生品種では追肥が不要な場合がありますが、
アンデス赤は追肥をしっかりと行います。

 

・二期作が可能
春と秋に栽培する二期作が可能です。
イモは貯蔵しておくとすぐに芽が出てきます。
生命力は強いので、秋栽培ができる地域は秋ジャガイモとして育てることができます。

 

秋に栽培する場合は、植え付けの段階からタネイモが腐らないようにしたり、
病害虫に注意すれば良いジャガイモを収穫できます。

 

■アンデス赤のオススメの食べ方

 

ジャガバターにするのもよし、フライにするにもよし、
ホクホク感を生かして加熱する料理が向いています。

 

煮崩れしやすいのでコロッケ、ポテトサラダなど、
形を崩す料理に向いていて、煮物には不向きです。

 

■参考
・ジャガイモ 地植えの栽培
・ジャガイモ プランターの栽培
・ジャガイモ 芽かき方法
・ジャガイモ 土寄せ方法
・ジャガイモ タネイモ販売
・ジャガイモ タネイモの選び方


スポンサードリンク

 

タグ :

ジャガイモ 品種

この記事に関連する記事一覧