デフラ

ジャガイモ栽培.com

デフラ

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク

デフラ

 

 

デフラは、フランスで生まれたジャガイモ品種です。

 

日本人にも親しみやすそうなデフラが持つ特徴や、

栽培のポイント、オススメの料理法などをご紹介します。

 

[デフラ]

 

 

・登録年 2010年
・登録番号 Daifla
・作型 春作
・主な産地 全国
・特性 煮崩れせず粘質
・栽培難易度 中級

 

 

■デフラの特徴

 

・白肉で大玉のジャガイモ
デフラは、皮の色も特別濃いわけではなく、

中の肉色も白系です。

日本で一般的に販売されているジャガイモに比べ、

全体的に大きくずっしりとしているのが特徴です。

 

形は長めの楕円形ですが、少し扁平になっているため、

細長い印象はありません。

日本でもよく見かけるメークインによく似ていますが、

メークインのようなくびれがなく、
全体的に同じ太さの楕円形をしています。

 

表面の皮は淡い黄色で、ざらっとした網目もなく、

目も浅いのでつるりとしています。

目の浅いジャガイモは、

皮を剥く時のわずらわしさが少ないため、

調理する人にとっては嬉しい特徴です。

 

肉色は白系でキレイな色をしています。
加熱しても色が悪くなりにくいので、

肉色を前面に出すポテトサラダなどにも使いやすいです。

 

 

デフラ C)北の逸品・北海道

 

 

・あっさりとした風味
デフラは見た目がごつい印象ですが、

実施に食べてみると、意外とあっさりしています。
味の主張が強くなく、甘みもそれほどありません。

 

そのため、シンプルな料理よりは、

しっかりと味付けしたものや、

味の濃いものと合わせるのがお勧めです。

 

肉質は煮崩れしにくい粘質タイプなので、

シチューやカレーなどの煮込み料理にも使えます。

 

また、潰した時に粘りが出過ぎないので、

粘質では珍しく、ポテトサラダにも使えます。

粉質タイプのジャガイモで作ったポテトサラダは、

ほくほくとした食感になりますが、
粘質タイプのデフラを使ったポテトサラダは、

しっとりとしています。

ポテトサラダでしっとりとしているのは新しい食感なので、

クセになりそうです。

 

・晩生で収量が多い
デフラは晩生種のため、

早生種などと比べると、収穫の時期が遅いです。
その分、イモがしっかりと大きくなります。

1株につくイモの数も多めのため、

1株でたくさんのイモを収穫できます。

 

収量が多い品種なら、

家庭菜園のような狭いスペースで栽培する場合でも、

収穫の喜びが存分に味わえます。

 

・休眠は長め
デフラは休眠が長めです。
そのため、春作のみの栽培となります。

 

けれど、秋作ができない分、貯蔵が可能なので、

たくさん収穫しても、最後まできちんと使い切ることができます。

 

 

ほくほく系のジャガイモです

 

 

■デフラの栽培のポイント

 

・疫病に注意して大玉収穫
デフラは晩生種のため、収穫時期が遅いです。
収獲時期が遅くなれば、その分栽培期間も長くなります。

 

栽培期間が長く心配なのが、病害虫の被害です。

その中でも、疫病には要注意です。

水はけの良い土で育て、病害虫が出ないよう、

できるだけ防除を心がけます。

 

デフラはイモが大きくなる品種にしては、

中心空洞や褐色心腐れの症状が出にくいので、
病害虫から守って育てることで、

立派なイモを収穫できるようになります。

 

・土壌の酸度に注意
デフラに限ったことではありませんが、

そうか病や生育不良を起こさないために、
土の酸度には気を付けます。

栽培前の土作りの段階で、

土壌酸度を計測してみるのがお勧めです。

 

思っているよりも中性やアルカリ性に近く、

アルカリ資材の投入が必要ない場合もありますし、

想像以上に酸性に傾いていて、

通常量の石灰では足りないこともあります。

 

・純白の花 

デフラはイモの色も薄いですが、

花の色も薄いです。

イモが大きいですが、花は清楚な真っ白な花弁をしていて、

花数も多めなのでキレイです。
真っ白な花弁の中心から伸びる黄色い雄しべが印象的です。

 

 

デフラは、シチューにもポテトサラダにも美味しいです

 

 

■デフラのオススメの食べ方

 

デフラは粘質タイプの品種ですが、

様々な料理に使うことができます。

 

一般的な粘質タイプのジャガイモと同じように、

煮崩れしにくい性質を生かし、

シチューなどの煮込み料理に適しています。

 

デフラは粘質タイプのジャガイモには珍しく、

ポテトサラダにしてもおいしい品種です。

 

通常ならば粘りが出過ぎてしまうところ、

デフラなら潰しても滑らかで口当たりの良い食感になります。

 

風味があっさりとしている品種なので、

しっかりとした味つけにするとおいしいです。
ベーコンやウィンナーなど、塩気の強い食材を合わせるのもオススメです。

 

■参考
・ジャガイモ 地植えの栽培
・ジャガイモ プランターの栽培
・ジャガイモ 芽かき方法
・ジャガイモ 土寄せ方法
・ジャガイモ タネイモ販売
・ジャガイモ タネイモの選び方


スポンサードリンク

 

タグ :

ジャガイモ 品種

この記事に関連する記事一覧